異国の旅史録

-Travelypse Now-

2014 LCCで釜山に行く旅

今年はフジロックもサマソニも行かないことになったのでどこかに小旅行と思っていたところ、会社が旅行関係なものでエアプサンの安いチケットの情報を見つけたので初LCC&初プサンということに相成りました。安いと言ってもチケット10,000円+燃油モロモロって感じなんですけどね。どうせならってことでホテルもお得なフェニックス・ホテルにしました。

いつも通りバスで成田へ。

フォト

サクッとチェックイン。

フォト

ギリギリまで開かない…というか飛行機も来ない。

フォト

無事、飛行機が来た。

フォト

搭乗。

フォト

モニターは無し!

フォト

機内食はピラフ。味はともかく臭いが酷い。気持ち悪くなった。

フォト

コーヒーは不味い…。

フォト

そして到着。

フォト

 

フォト

 

フォト

ホテルまではタクシーで。規範タクシーという高級なのに乗ってみました。28,000Wでした。

フォト

ホテルはフェニックス・ホテル。日本人観光客御用達といことでフロントで日本語が通じます。

フォト

 

フォト

 

フォト

こちらの発音的にはピニックス・ホテルみたいです。

フォト

さてホテルは立地は抜群なのですが…。

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

まあ、個人差がありますから。でも自分達の部屋はセーフティーボックスが無かったのが面倒臭かった。

さて早速、ホテルから3分のBIFF広場へ。釜山映画祭の会場だそうです。有名監督や俳優の手形があります。

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

ビートたけし!

フォト

ウィレム・デフォー!

フォト

ダリオ・アルジェント!

フォト

大人気のホットク屋さんへ。

フォト

 

フォト

 

フォト

奥さんが化粧品を買いに行ったので街をぶらぶら。

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

ソウルでは見かけなかったワッフル屋さんも。

フォト

晩ご飯を食べにソミョンに移動します。表示もアナウンスも日本語があるので地下鉄は便利ですね。

フォト

テジクッパという豚肉のクッパです。自分はモツでしたが。

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

そして街をブラブラ。賑わってました。

フォト

 

フォト

 

フォト

BIFF広場に戻って焼き鳥を。

フォト

 

フォト

 

フォト

そんな感じで1日目終了。釜山は広いんだか狭いんだかよくわからない感じでしたね。

フォト

そして2日目です。天気予報があまり良くなかったのと奥さんが体調が悪かったのとで遠出は翌日に回して近場を探索することに。ホテルの目の前のチャガルチ市場に向かいます。

バッタも元気無いです。

フォト

市場はいろいろと凄かったです。カルチャーショックを受けましたね。

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

お昼ご飯はこの焼き魚の店に決定!

フォト

ユムシをいじって水が飛び出るのを喜ぶ奥さん。

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

韓国のワサビの色が凄い。

フォト

 

フォト

 

フォト

7,000Wの焼き魚定食に生きたタコとユムシを追加。

フォト

 

フォト

 

フォト

チャガルチ市場を探索。

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

海はすぐ側です。

フォト

 

フォト

BIFF広場に戻ります。

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

ソルビンというお店できな粉のかき氷を食す。粉っぽかった…。

フォト

 

フォト

 

フォト

ホテルで休憩してポミルへ移動。この辺りは『友へ チング』のロケ地とのことで訪れてみました。

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

そして姜東考エステへ。マッサージはちゃんとしてたけど結構高かった。

フォト

晩ご飯を食べに釜山駅に移動。

フォト

オニャンカルビというお店でテジオギョッサル(豚の五枚肉)とテジカルビ(豚肉カルビ)を頂きます。

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

そして夜の散策で横須賀のようなアメリカ兵の集まってるとこへ。

フォト

さらに中華街へ。

フォト

ここには『オールド・ボーイでミンシクが餃子を食べた店があるのです。

フォト

まさにミンシクの食べた席に着いてました。これはちょっと感動モノでした。

フォト

 

フォト

ミンシクのサインの写真を撮る奥さん。

フォト

餃子はでかかった。

フォト

 

フォト

そしてホテルへ…帰る途中でポップコーンソフトクリームを食べる….。

フォト

 

フォト

2日目終了。

 

3日目は予報通りお天気に。

バッタも元気です。

フォト

平日の朝なのでBIFF広場も閑散としています。

フォト

 

フォト

 

フォト

そしてヘウンデへ。

フォト

コーヒー休憩。

フォト

朝ご飯のお店を探します。

フォト

肉まんも悪くないけど…。

フォト

このお店に決定!

フォト

海苔巻!

フォト

トッポキ!

フォト

天婦羅!

フォト

そして市場をぶらぶら。

笑う豚顔。

フォト

そして、ヘウンデの海岸へ。映画『TSUNAMI -ツナミ-』の舞台です。

フォト

 

フォト

 

フォト

トイレはトラック式。

フォト

隣の駅のスーパーマーケットに寄りました。

フォト

帰りの地下鉄で韓国名物の物売りと遭遇。

フォト

 

フォト

そしていったんホテルへ。アイスとか食べてますが。

フォト

関係ないけどホテルの廊下からゴルフをしている人が見えて驚きました。

フォト

看板でした。

フォト

ホテルで休んだ後は韓国のマチュピチュと言われている甘川文化村へ。最寄りの駅からタクシーで2,800Wでした。

フォト

 

フォト

2,000Wでマップを買いました。スタンプラリーとかポストカードも貰えたりするのでお得です。

フォト

アートの住宅街になってます。

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

おー確かにマチュピチュっぽい。ただ行くなら午前中の方が逆光にならなくて良いかもですね。

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

反対側からだと順光で色が映えますね。

フォト

 

フォト

 

フォト

他にもアートな感じで楽しめます。人が住んでる街ってのが驚きですね。

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

そして遅めの昼ご飯はプサン名物豚足です。ヨンノルブチョッパルというお店へ。小サイズを頼んだのにどーんと出てきて驚きましたが骨で底上げされてました。

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

帰りにバナナとヤクルトを貰いました。

フォト

そして国際市場周辺をウロウロ。

フォト

 

フォト

ホテルで休憩してから夜の釜山港へ。

フォト

 

フォト

 

フォト

晩ご飯はチャガルチ市場近くのお店で。

フォト

 

フォト

 

フォト

 

フォト

海鮮鍋登場。

フォト

持って来てすぐに貝から身を剥がすのが面白かった。

フォト

 

フォト

 

フォト

夜のチャガルチ市場は閑散としています。

フォト

もう一度プサン港へ。

フォト

 

フォト

良い雰囲気。

フォト

というわけで3日が終わりました。

 

そしてとうとう最終日。飛行機の時間が11:00だったので07:00にはホテルを出ることに。ロビーには体重計があって荷物の重さを計ることが出来ますが奥さんのスーツケースがエアプサンの規定の20kgをオーバーしていて重そうなものを自分のバッグに移す作業。そしてホテルの前のからタクシーで出発。今回は普通のタクシーです。

フォト

韓国映画に出てきそうな景色。

フォト

これが普通のタクシー。13,700Wだったので規範タクシーの約半額ですね。

フォト

チェックイン。

フォト

キムチブリトー….食べなかったけど。

フォト

朝ご飯。

フォト

出国後のターミナルにセブンイレブンがある。

フォト

出発!

フォト

機体は同じ。

フォト

またピラフ系。とにかく配ってる最中から臭いが凄い。

フォト

日本に到着。空港が綺麗だ。

フォト

 

フォト

『YOUは何しに日本へ?』の撮影してたのでわざとらしく周りをウロチョロしてたので映ってるかも。

フォト

そしてお土産編。つい、辛ラーメンを買ってしまうのです。ホットクもね。映画のチラシも忘れずに。

フォト

奥さんはお化粧品….。

フォト

そんなわけで初の釜山旅行も無事終了。とにかく食べまくっての4日間でしたがソウルよりのんびりした感じで楽しかったですね。

辛ラーメン食べてます。

フォト

 

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2022 異国の旅史録

テーマの著者 Anders Norén

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。